MACH2000コレクション

 “マッハ2000”コレクションは、フランス版新幹線「TGV」など、同国のデザイン界において最も重要で有名なデザイナーであるロジェ・タロンにより1975年にデザインされました。

時計業界において初めてデザイナーによってデザインされた時計としても有名です。





マッハ2000開発の背景には、1970年代にLIP社が直面した財政難とクォーツショックの影響がありました。

Mach2000
※1972-1973年に起こったLIP工場の従業員によるストライキ。
政府も介入する大きな事態となりました。

LIP社はこの危機から脱却し、新たな時代を切り開くための時計を開発しようと、さまざまな業界から7人のデザイナーに時計のデザインを依頼しました。

そこでデザインされたコレクションのひとつが、“マッハ2000”。
「2000年代になっても色褪せないデザインであるように」
という願いを込めて、「マッハ2000」という名が付けられました。

マッハ2000

それまでの古典的な時計デザインを大きく覆した、左右非対称の斬新なデザイン。実は人間工学や流体力学に基づいてデザインされているため、時刻が読み取りやすく、着け心地が良い操作性に優れています。


見る人の目を引く斬新な左右非対称のフォルムが人気のマッハ2000。
クロノグラフ、マッハミニともにコーディネートのアクセントに使える1本です。